算命学

このページでは算命学についてご紹介します。

算命学では、生年月日から導き出す「命式(めいしき)」と呼ばれるパーソナルデータを使って、その人の本質や性格、人柄、能力、才能、生き方、人間関係、行動や思考のパターンなどをお伝えさせていただきます。

「命式」には、ご本人の内面を表した「陰占(いんせん)」と、外見を表す「陽占(ようせん)」があります。
まずは陰占と陽占をわかりやすい図にして、算命学で導き出した「あなた」とうい人物について、あらゆる角度からわかりやすくお伝えしていきます。

また算命学では、人生を、10年、1年、1ヶ月という期間で区切り、それぞれの期間での運気の流れやさまざまな時期やタイミングを見ていきます。

10年で区切ったものを「大運(たいうん)」または「10年運」と呼び、1年で区切ったものを「年運(ねんうん)」と呼び、1か月で区切ったものを「月運(げつうん)」と呼びます。
さらに細かく「日運(にちうん)」や「時運(じうん)」といったものもありますが、通常は「大運」「年運」「月運」を使って全体や個々の運気の流れを確認しながら時期やタイミングを確認していきます。

3種類の異なる期間を併せて見て行く事で、より詳細に時期を判断する事ができます。
そのため「運気を把握して上手に活用し、災難を防ぎ、良いタイミングで上手く行きやすい行動計画」のご提案が可能となります。

本来算命学は、未来に起こる可能性があるものを事前に知り、災難を防ぎ、人生を安心して生きるための手段とする事が活用の目的とされている運命学です。

「雨が降ったら傘をさす」という有名な言葉がありますが、
算命学は、「いつ雨が降るか」を事前に大運や年運、月運から予測できるので、「雨に濡れる事を未然に防ぐ」事ができ、事前に何が起こるかを把握できている事で、人生を安心して過ごす事とができるようになるのです。

算命学でわかること

・ご自身の本質や性格、人柄、能力、才能、生き方、人間関係、行動や思考のパターン、大運(10年毎の運)、年運(1年毎の運)、月運(1ヶ月毎の運)

・ご自身の事以外に、ご家族や恋人、ご友人、仕事先の同僚など、「お互いの関係性や相性」を知る事もできます。

ある程度まではご自身の命式のみで見る事も可能ですが、お互いの関係性やお相手の事をしっかり鑑定したい場合は、お相手の命式も必要になります。
関係性や相性を見ると、不明だった点が明らかになるので、そのお相手との付き合い方がそれまで以上に楽になります。


算命学では、主に以下のものから必要なものをお伝えしています。
※ご相談内容によっては以下に無いものについても算命学で出せるものはお伝えしています。

・あなたが持って生まれた素質や能力
・あなたの思考パターンや行動パターン
・あなたがどのような家系に生まれたのか?
・あなたとご両親との関係
・あなたと兄弟姉妹との関係
・お仕事での人間関係や、プライベートでの人間関係
・結婚相手のタイプ
・10年単位、1年単位、1か月単位での運気の流れやタイミング
・人生を3段階(幼少期、中年期、晩年気)に分けて見た、ご自身の生き方やエネルギーの状態と、老後の過ごし方など


算命学を使っている鑑定メニュー

・運命鑑定

・引越し鑑定

・己知正ワーク

 

開運鑑定師 相川紗羅について


* 開運鑑定師 相川紗羅について *

相川紗羅については
「自己紹介」ページをご覧ください。

ページトップへボタン